2022.12.16社長ブログ

Wurの強み・大切にしていること

どうも、ご覧いただきありがとうございます。

Wur株式会社 代表の閏間です。

今回は数多くあるシステム開発・受託開発会社とは一線を期す、Wurの強みをご紹介しながら仕事をする上で大切にしているコトをご紹介しています。

本当に良いアプリを作りたくて会社を探されている方、最後まできちんと目を通してください。

読み終わった最後、Wurに相談したくてたまらなくなるはずです

Wurの強み

①0→1のWebサービス・アプリ立ち上げに特化

Wurはアプリ開発が得意で、上流の要件定義〜UIUXデザイン〜開発まで一気通貫で対応できます。

サービス・アプリ開発は特に0→1が大変で、サービスの顔となるコンセプト・デザイン・機能をのベースを作る必要があります。かなりの時間と手間をかけて臨んでいます。
大変だから、他の開発会社では出来ないからこそWurは立ち上げに注力して、0→1を成功させて、次の1→10に繋げていくための土台を作るお手伝いをしています。

社内にエンジニア・デザイナー・マーケターがいるため、スピーディーかつクオリティ高いアプリ開発を行うことが可能です。基本的にはどのプロジェクトにもエンジニアとデザイナーは参画させていただいています。リリース後はマーケターによる成長に向けた伴走支援を行うことも。

これまで以下のような開発・コンサルティングを行ってきました。

  • DX支援/コンサルティング
  • 新規事業の企画・開発
  • 基幹システム開発
  • アプリ開発
  • スポットCTO

創業当初は私の知人が多いスタートアップ・ベンチャーを中心に0→1のサービス開発をしていたのですが、最近では大手企業の新規事業部からもお声がけいただけるようになり、新規事業・アプリ開発のプロとして二人三脚で立ち上げ支援をさせていただいています。

受託開発を行っている会社では、「要件をまとめた資料(RFP)がないと開発ができないので、用意してください」というところも多いようですが、弊社はフワッとしたアイディアや考えの状態でご相談いただけるようにしています。ビジネスモデルの設計やマネタイズの仕方・マーケティング戦略の相談をいただくこともあり、開発だけでなく周辺領域をまるっと相談できるところが好評です。

②受発注関係ではなく、一緒に汗をかいて本気で取り組む

弊社ではお打ち合わせ時に毎回お伝えしているのが「受発注関係ではなく、パートナーとして並走し、一緒に肩を組んで汗をかきながらお仕事させていただいてます」ということです。

以下の3つの円の重なる中心がWurです。

「お客様からこう言われたので、そのまま作ります」というのはプロとしてやってはいけないと考えています。
プロとして「こういうところは気をつけた方が良い」「この機能は本当に必要なのか?」を一緒に議論しながら考えていきます。

せっかくお金を用意してサービス開発したのに、上流設計・デザインが考え込まれていないと誰にも使われずにクローズになってしまいます。
私自身、これまで何十というWebサービス・アプリの立ち上げに関わってきましたが、その過程で「あぁ、ここはこうしないと上手くいかないんだなぁ」というポイントをいくつも経験してきました。

詳しくは以下の記事で説明しています。

繰り返しますが、だからこそサービス・アプリ開発のプロとして、ただ言われたものを作るんじゃなく、転んでしまう石ころを退けてあげることが大切だと考えています。

弊社にご相談いただくお客様は、
・今回初めてアプリ開発を考えていて不安な方
・過去にシステム開発に失敗して新しく開発会社を探している方
など、いろんな方がいます。

どんなお客様も「アプリ開発なんてやったことないし、わからないことも多いからプロにお願いしよう!親身になって教えてくれて、一緒によりよくなるようなアイディアを考えてくれて、丁寧にコミュニケーションをとってくれるだろう、そしてクールなアプリができるはずだ!」と期待しています。
私も何か買い物するときに、お客さん目線で同じようにサポートしてもらいたいと思うものです。

「お客さんにとっての当たり前のことをやる」、そこに安心感・信頼感を持っていただいています。

③開発工数を減らす最適なモダン技術を選定。イケてるUI実装が可能

システム開発会社の中には、
・モダンな技術力
・SaaSやアプリ開発の経験
・スキル不足
のいずれかが満たせておらず、「出来ます!」と営業マンが言って契約して進めたのに、実際に蓋を開けてみたら「この仕様は開発できない、フロントエンドでそんなことは実現出来ない」と言われて困っているトラブルを多く聞きます。

特にBtoB SaaSの開発経験がある開発会社はほとんどなく、アプリにおいてもトレンドを知らない開発会社がほとんどです。
また弊社のようにサービスの長期的な成長まで考えて、アドバイスを行えるような開発企業はほとんどないです。

弊社のクリエイティブメンバーのほとんどが新規事業の立ち上げを経験しているか、ベンチャー企業出身です。
私においてはスタートアップ企業でCTOを経験し、難しい課題をどうやって乗り越えていくか?そもそも本当にそれが必要なのか?を考えるのが得意です。

0→1を多く経験しているメンバーだからこそのズレのない、確度の高いご提案が可能です。

技術・スキルですが、Wurはモダンな技術を使った開発力を強みとし、プロジェクト要件・利用ターゲットペルソナに合わせて適切な技術選定をすることができます。

基本的にどんな言語でもバッチこい!ですが、弊社でよく利用する技術は以下の通りです。

・フロントエンド: React/Nextjs
・バックエンド: Ruby on Rails or Laravel
・アプリ: React Native or Flutter
・インフラ:AWS, Firebase
・CMS: WordPress, 自家製CMS(Ruby on Rails製)

プログラミング業界では、日々新しい技術が生まれており、トレンドの移り変わりが早いです。
私たちはアプリ開発のプロとして、常に最新技術をキャッチアップしながらお客様にとっていちばん良い選択肢を提案できるようにしています。

例えば、弊社でアプリ開発の際に利用しているReact NativeやFlutter。最近多くの企業で利用し始めています。

これまでアプリを開発するためにはiOSアプリ用の言語である「Swift」、Androidアプリ用の言語である「Kotlin」のそれぞれ2つのプログラミング言語で開発が必要でした。同じ機能を2つの言語で開発するため、コストも単純計算で2倍以上となり大変でした。

それを解決してくれるのがReact NativeやFlutterです。
1つのコードで2プラットフォームのアプリを作ることができます。
良いものを安く作るために、弊社では基本的にはReactNative・Flutterでの開発をご提案しています。

またFirebaseもMVPプロダクト・プロトタイプを制作する際に、少ないエンジニアリソースでログイン機能やプッシュ通知、サーバーホスティング、DB機能などを作ることができるためご提案をしています。

さらにサービス作りでほとんど必要になるCMS(管理画面)。

データベースが絡んできたり専用画面を作るとなると開発工数が膨らんでしまうのがネックでしたが、最近弊社ではmicroCMSというヘッドレスCMSサービスをご提案することが多いです。

これがあれば専用CMSの開発が必要ないケースも多く、ホームページのブログやお知らせ・メディアサイトでおすすめしています。

最近ではフロントエンド開発の効率を上げる『TeleportHQ』という海外のサービスをご紹介しました。

このように新しい技術を知っている・また実務として経験していることで、お客様にとっての最適解をご提案できるようになるため、弊社では日々キャッチアップとアップデートをしています。

Wurの想い・大切にしているコト

Wurは失敗確率を減らせるパートナーでありたいと思っています。

弊社のメンバーの多くがスタートアップ・ベンチャー企業で働いていた経験があります。

UIUXの大切さをメンバー全員が理解し、開発を始める前にユーザー調査(UXフェーズ)を経て、ターゲットユーザーの課題を理解した上で、それを最適に解決できるUIの作成、必要機能の明確化を行います。

これはサービスを自ら作っていた経験のあるプロでないと難しいです。

たくさんの失敗を経験してきた私たちだからこそ、これから希望・夢をもってサービスを作る人たちの失敗確率を減らせます。

そして弊社の社名である『Wur(ウール)』ですが、ワクワク(W)・ウキウキ(u)・ルンルン(r)の頭文字からつけています。それには以下のような想いを込めています。

IT革命から始まってWebやSNS・AI・VR・ブロックチェーンをはじめとしたWeb3。
働き方・ライフスタイルは大きく変化し、当たり前がどんどん変わってきている。
激動の時代の中でWurは誕生しました。

そんな時代に、私たちはどう生きていきたいか?何をしたいのか?
私たちが創るサービスでみんなを「ワクワク」させたい。
だからこそ、まずは働く私たちから未来に「ウキウキ」しよう。
それができたらきっと、「ルンルン」と心踊る未来になっているはずだ。
そんな想いを秘めて、頭文字をとって「ウール」と名付けました。

私たちはお客様のサービス開発を通じて以下が実現されると信じています。

  • 利用者を「ワクワク」させたい
  • それが実現された未来を想像して、制作者の我々が「ウキウキ」する
  • ウキウキしながら楽しんで仕事をして、細部までこだわったクリエイティブが世の中に広がるからこそ、きっと「ルンルン」と心躍る未来になっているはずだ

ぜひ心躍る未来を作るパートナーとして、一緒にサービス開発をさせてください。

サービス開発を考えている方、Wurへのご相談をお待ちしています。

もっとWurの仕事の進め方を知りたい方はこちらの記事からどうぞ。

「新規事業、新規サービスの立ち上げ」に特化し、ビジネスモデル設計から開発、事業の成長までを支援する――Wur株式会社

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでもピンと、心に来るものがあれば、気軽にご相談くださいね。

Twitterもやっていますので、もしよければフォローもお願いします。

それでは。

Contact

ご相談からお見積り依頼まで
お気軽にご相談ください。